動画を作る方法を知ろう

自分に合うソフトを選択しよう

動画を作るなら、まずは編集できるソフトを用意してください。
ソフトは有料でも、無料でも構いません。
無料のソフトの方が、手を出しやすいのでおすすめです。
それでも効果音や字幕を付けられるものが多く、十分クオリティーの高い動画を作ることができます。
いきなり有料のソフトを購入しても、使いこなせなかったら意味がありません。
焦らないで、最初は簡単な動画を作るのが良い方法です。
ゆっくり組み立て方を勉強しましょう。

一通り動画を撮影し終わったら、音声と合成します。
無音の状態では、おもしろくない動画になってしまいます。
また動画を撮影する時に、同時に音声を入れる人が見られます。
しかし後から動画を見ると、微妙に音声のタイミングがずれることが多いです。
後から音声を合成した方が良いでしょう。
その場の雰囲気に合っている音声を見つけることで、よりクオリティーが高くなります。
著作権フリーの音楽でも、たくさんの種類があるので安心ですね。

最後は字幕や、エフェクトを追加します。
動画を流すだけでは、何をしているのか相手に伝わらないかもしれません。
場面を簡単に説明できる字幕があると、わかりやすく伝わります。
場面の全てを、字幕で伝えないでください。
画面に大量の文字が出ると、見ている人が疲れます。
字幕は簡潔に済ませることが重要です。
本当に伝えたいことだけをピックアップして、字幕にすると良いですね。
目立たせたい際は、エフェクトを追加しましょう。

ソフトを用意してみよう

必ず必要なものは、編集ソフトです。 それがないと、何も作ることができません。 調べると有料のソフトから、無料でダウンロードできるソフトまであることに気づきます。 どちらが良いのか迷ったら、最初は無料のソフトを利用してください。 扱いに慣れることから始めましょう。

音声を合成してみよう

動画を撮影したら、どこに音声を追加するか考えてください。 音声が無いと寂しいですが、たくさんあってもうるさく感じます。 必要なところをピックアップしてください。 音声を追加することで、生き生きとした動画になります。 タイミングがずれないよう、細かく調整しましょう。

さらにわかりやすく伝えるため

字幕を使って、場面の説明をするのが良い方法です。 すると見ている側に、動画の内容がわかりやすく伝わるでしょう。 最後に字幕を付けて、動画が完成します。 字幕を出す際は、エフェクトを付けることもできます。 しかしやり過ぎると見えにくくなるので、注意しましょう。