動画を作る方法を知ろう

>

音声を合成してみよう

盛り上がる動画を作る方法

動画は、音声を後から追加するのは一般的です。
するとタイミングがずれることを回避できます。
後から音声を追加するのは面倒だからと、動画を撮影する時にその場で音声も流す人が見られます。
しかし、その場で音声を流すとタイミングがずれてしまうかもしれません。
ピッタリのタイミングで音声を流すのは、意外と難しく何度もやり直しになることも多いです。

また、実際に動画を振り返ってみると、音量が小さくて聞こえにくいというトラブルも起こります。
後から音声を追加すれば、好きなタイミングで、好きな音量にできるので問題ありません。
音声を追加する作業は簡単なので、面倒に感じないでください。
しっかり手順を守りながら、動画を作成しましょう。

著作権フリーの音楽を使おう

音声には、著作権があります。
製作者に許可を取らないまま、無断で動画に使用することは控えてください。
許可の申請がよくわからなかったら、著作権フリーの音声を使用するのがおすすめです。
それなら、わざわざ許可を申請しなくても自由に使うことができます。
著作権フリーの音楽を揃えているサイトがあるので、動画作りをしている人にとって欠かせない存在です。

著作権フリーといっても種類は豊富なので、イメージに合う音声が見つかると思います。
音声を追加すれば、さらに場面が華やかになるでしょう。
見ている人が、おもしろいと感じる動画を作らなければいけません。
せっかく作っても、おもしろくない動画では見てくれる人がいなくなります。


この記事をシェアする