動画を作る方法を知ろう

>

さらにわかりやすく伝えるため

簡潔な説明を心がけよう

何をしているのか、わかりにくい場面があると思います。
1つでも内容を理解できない場面があると、次の場面になっても理解できなくなるので次第におもしろくない動画だと感じます。
わかりやすく説明するために、字幕を追加してください。
字幕があれば、どのような場面なのか誰でもすぐに理解できます。
しかし、字幕の乱用は避けてください。

画面が字幕だらけになると、見ている人が疲れてしまいます。
本当に必要なところだけにしてください。
また長文にならないよう意識することも重要です。
長文は読みにくいので、そこで動画の視聴をやめてしまう人が増えます。
簡潔な字幕であれば、見ている人から好まれるでしょう。
できるだけ、短くまとめてください。

エフェクトを付けてみよう

タイトルなど、特に目立たせたい字幕があると思います。
エフェクトを付けることで、他の部分よりも目立ちます。
文字が浮き出たり、飛び跳ねたりするエフェクトがあるので使いましょう。
また
文字の色を変更することができます。
全て同じ色では、どれが最も重要なことなのかわかりません。
重要なところだけ、赤色や黄色といった目立つ色を使ってください。

わかりやすい動画を作るために、工夫することが大事です。
何度も、自分が作った動画を見直してください。
すると内容が理解できない部分が判明するかもしれません。
文字を入れたり、エフェクトを追加して問題がなかったら動画の完成です。
サイトにアップしたりテレビで流したりして、たくさんの人に見てもらいましょう。


この記事をシェアする